Q&A(豆知識)

 

ここでは、施工されたお客様からの質問を中心に、施工後にお手入れがしやすく、美しい状態を保てるポイントなどをご紹介しています。
補足を含め、全てを詳しく回答していると、かなりの長文になってしまうので、主にポイントのみ記載しています。もっと詳しく確認したい内容等ございましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

 

 

コーティング後に綺麗な状態を保つにはどうすればいいですか?
車体をコーティングすることで汚れがつきにくくはなりますが、まったくつかないわけではなく、洗車は必要になります。

ただし、汚れがついても落ちやすくなっていて、従来のようにブラシなどでこすりながら洗車をしなくても汚れを落とせます。
水で洗い流すだけでも車体をきれいにできるのが特徴です。つまり洗車にかかる時間や手間は減らせますが、洗車の回数そのものを大幅に減らせるものではありません。

 

1ヶ月を目安として、車の状態をチェックしながら洗車するかを決めるのが良いと思います。

 

洗車方法について、細かいことを言えば多くありますが、要点として

 

@初めに水でよく洗い流す。※擦らずにできるだけ汚れを落とすことが重要なので、できれば高圧洗浄を使用する。
Aマイクロファイバーのような柔らかい生地(タオル)orスポンジで優しく汚れを落としていく。
B再度全体に水を流し、できるだけ水滴が残らないよう優しく拭き上げていく。

 

これが大切です。

 

 

 

コーティングを考えていますが、ポリッシュ(下地研磨)は必要ですか?
ポリッシュはせず、コーティングのみ施工することも可能です。

しかし、一見綺麗に見えるお車でも、ほとんどのお車に傷やシミは多くついています。下地をしっかりと作ることでコーティング自体も長持ちしますし、仕上がりも格段に美しくなります。
ガラスコーティングを行う上で欠かせない作業ともいえる下地作りは、作業工程に含めることを強くお勧めしています。

 

 

お見積り・お車のご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。