Q&A(豆知識)

 

ここでは、施工されたお客様からの質問を中心に、施工後にお手入れがしやすく、美しい状態を保てるポイントなどをご紹介しています。
補足を含め、全てを詳しく回答していると、かなりの長文になってしまうので、主にポイントのみ記載しています。もっと詳しく確認したい内容等ございましたら、お気軽にお問い合わせください(^^)

 

 

 

コーティング後に綺麗な状態を保つにはどうすればいいですか?
車体をコーティングすることで汚れがつきにくくはなりますが、まったくつかないわけではなく、洗車は必要になります。

ただし、汚れがついても落ちやすくなっていて、従来のようにブラシなどでこすりながら洗車をしなくても汚れを落とせます。
水で洗い流すだけでも車体をきれいにできるのが特徴です。つまり洗車にかかる時間や手間は減らせますが、洗車の回数そのものを大幅に減らせるものではありません。

 

1ヶ月を目安として、車の状態をチェックしながら洗車するかを決めるのが良いと思います。

 

洗車方法について、細かいことを言えば多くありますが、要点として

 

@初めに水でよく洗い流す。※擦らずにできるだけ汚れを落とすことが重要なので、できれば高圧洗浄を使用する。
Aマイクロファイバーのような柔らかい生地(タオル)orスポンジで優しく汚れを落としていく。
B再度全体に水を流し、できるだけ水滴が残らないよう優しく拭き上げていく。

 

これが大切です。

 

 

 

コーティングを考えていますが、ポリッシュ(下地研磨)は必要ですか?
ポリッシュはせず、コーティングのみ施工することも可能です。

しかし、一見綺麗に見えるお車でも、ほとんどのお車に傷やシミは多くついています。下地をしっかりと作ることでコーティング自体も長持ちしますし、仕上がりも格段に美しくなります。
ガラスコーティングを行う上で欠かせない作業ともいえる下地作りは、作業工程に含めることを強くお勧めしています。

 

 

 

コーティングを行うデメリットはありますか?

ガラスコーティングを行う上でのデメリットと言えば、高価なことがあげられます。コーティングはあくまで保護を目的としておりますので、「洗車しなくて良い」「傷がつかない」と過大評価されてる方にとっては、効果が薄いと思います。

 

また、「ガラスコーティングを行うと水垢やイオンデポジットがつきやすい」と言われることがあります。
分子構造上の話になり、難しく長くなるので簡潔にお答えすると、確かに、無機質のガラスコーティングの上に、無機質の水が乗ることで結合しやすくイオンデポジット等がができてしまうこともあります。しかし、最近のコーティング剤は、無機質のガラス膜の上に有機質の撥水剤や親水剤が施工されており、二層以上のハイブリッド型が増えています。「ガラスコーティング=水垢やイオンデポジットがつきやすい」と一概には言えません。施工店の詳しい方と相談しながら選べばそういったデメリットもちゃんと回避できると思います。

 

 

 

オススメのコーティングはなんですか?

当店のスタッフは、高いコーティング剤から安いコーティング剤まで、自由に使用し施工してよいこととなっています。それが一番リアルな反応や経年変化を実感できると考えており、その意見がお客様の満足度を高めると考えております。その結果、正直好みです。撥水タイプも親水タイプも驚くほどの艶感や美しさを実感できると思います。当店の取り扱いコーティングは全てオススメです。が、そんなことを言っても面白くないので、オススメするなら親水タイプや疎水タイプです。
個人的な理由としましては、雨の後のボディーの水滴が少なく、汚れとともに雨で流してくれているような感じがします。普通雨の後は早めに洗車しなきゃと思いますが、わりと綺麗になっています。※保管状況や洗車頻度で異なります。あくまでも個人の感想です。

 

参考までに各性質の特徴です。

 

【撥水(はっすい)タイプ】
撥水コーティングの特徴は、綺麗な水玉ができて表面を水玉が流れ落ちるので、ユーザーがコーティングを行った満足感が持てることです。撥水とは、字の通りに水が弾いていることで、撥水の仕方にもいくつか種類があります。
撥水コーティングは、低撥水、高撥水、超撥水のおおむね3つに分けることができ、この違いは塗装面に出来る水玉の形の違いと思っていただくとよいでしょう。
低撥水は塗装面にかなり接触した球体であるのに対し、超撥水になると水の球が塗装面に接触する部分が少なくなるのが特徴です。
超撥水のように、水玉が塗装面と接触する部分が少なくなると、簡単に水を吹き飛ばすことができることが魅力です。そのため撥水コーティングを選ぶ場合は低撥水より超撥水のほうが水を弾き飛ばす爽快感をえられます。

 

【親水(しんすい)タイプ】
親水コーティングの特徴は、水玉ができない事です。そのため親水コーティングの場合は、水が塗装面に広がるので、ワックスもコーティングもしていないような見た目です。しかし、広がった水は綺麗に流れ落ちるので、実際はコーティングしてあることがわかります。
水が広がるようにべたっとした状態を作る秘密は、表面に凸凹を作らない非常に平滑な面を作り出すことにあります。

 

【滑水(かっすい)タイプ】
滑水コーティングの特徴は、水が流れ落ちる状態のコーティングです。一般に、撥水コーティングを滑水状態にしたコーティングを指します。
例えばスノーボードやスキーは滑走といいますが、これと同じく高低差があると簡単に水が流れ落ち、クルマが静止状態から動くとその風で水が簡単に流れる状態のことをいいます。
しかし、この滑水コーティングがどのような状態になれば滑水なのかという定義はありません。あくまでもメーカーが独自に決めていることであり、滑水の違いもメーカーで様々です。

 

【疎水(そすい)タイプ】
疎水性とは、水になじまない状態のことを言いますが、身近なものでは水と油が疎水性です。しかし、コーティングの疎水性は水となじまないのではなく、水が流れ落ちるコーティングを疎水性と表現しており、親水性と撥水性の中間的なコーティングといえます。
撥水性は、小さな雨粒が流れ落ちるのに対し、疎水性では小さな雨粒が大きな塊となり流れ落ちます。

 

 

 

お見積り・お車のご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。